便意を催す便秘解消の食べ物はどれ?秘密のストレッチとマッサージ

便秘を解消するための様々な方法をご紹介しています。食べ物や飲み物、マッサージ、ストレッチなどで便秘を改善して腸内環境を整えましょう。

時間に余裕のある生活スタイルで便秘を解消

こんにちは、モモです。

今回は生活スタイルを変えることで便秘を解消した方の体験談になります。

【お名前】

なな 36歳 女性

【便秘歴】

30年

【通便の間隔】

1週間に一度

【便秘になった原因】

物心ついた頃から毎日「大」が出るという習慣がなく、1週間のうちに数回程度の頻度でした。

なので、原因がこれと思い当たるものがなく、もともと出にくい体質なのかなと思っています。

10代になってからは、意識しないと1週間はざらに出ず、薬を使ってやっとやっと出しているという状況でした。

30代女性の便秘解消方法

今回はななさんに、このような質問をしてみました。

  • 便秘になって困ったこと
  • 今までで一番効果のあった便秘解消方法
  • この便秘解消方法を試した感想や体調の変化
  • この他に試したことがある便秘解消方法
  • 試したけれど効果がなかった便秘解消方法
  • 便秘で悩んでいる方へのアドバイス

それでは早速、見ていきましょう!

便秘になって困ったこと

とにかくむくみがひどい!体重もそんなになく、上半身は痩せているのですが下半身のむくみがひどく、ふくらはぎがパンパンでした。

冷え症でもともと血のめぐりが悪く代謝もよくなかったため、何をやっても足だけパンパン。服のサイズも上はSサイズでちょうどなのですが、下がMサイズでもきついということがよくあり、とても困りました。

また肌荒れもひどく、高校生の時には顔全体にひどいニキビがボコボコと出てしまいました。

女性としては一番肌の調子もよく、楽しい時期であるはずなのに、額と鼻以外、首下まで赤くボコボコと腫れた顔でとてもつらかったです。

結局、ニキビが癖になってしまったのか、20代後半まで常にニキビが顔にある状態でなかなか治らず、一番大事な時期を逃してしまったと思います。

今までで一番効果のあった便秘解消方法は?

海藻類を中心とした食生活と、便意があったときにすぐトイレに行けるような時間に余裕というか、自由度のある生活をするのが一番でした。

気を付けたことはいくつかありますが、大学に入り一人暮らしになり、生活スタイルと食生活が変わったことが一番の要因な気がします。

もともと悩んでいたので食生活には気を付け、若芽や昆布、ひじきなど海藻類が中心の食生活にしました。

高校生活までとは違って、朝も時間がありトイレに行きたいときに行け、自分のペースで生活できる余裕ができたことで、自然に体質が変わっていったと思います。

f:id:rinnrinn3:20170727143555j:plain

この便秘解消方法を試した感想や体調の変化

子どもの頃からだったため、そもそも便意がきてもトイレに行けないため我慢してしまうの繰り返しでした。10年以上経ってからは腸がその生活に慣れてしまい、ほとんど機能していなかったのかと思います。

高校生までは、市販の薬を使わないとほとんど便意を感じることがなかったです。

しかも、便秘がひどくなっても全く便意がなく、最終的には吐き気がして吐いてしまうのですが、そこまでの状態になっても便意はありませんでした。

なんとか解消しようと毎日市販薬を飲み、ヨーグルトを食べ運動もしましたが、これといった効果はありませんでした。

しかし、生活習慣が変わり、自分のペースで生活できるようになってからは、毎日ちゃんと体のサインに気づいたらすぐ対応できたので、ずっと鈍っていた腸の機能が働きだしたのだと思います。

他にも、「専業主婦になったらいつでもトイレに行けるからいつの間にか治った」という方もいましたので、体のサインにしっかり答えてあげることが重要なのだなと感じました。

この他に効果のあった便秘解消方法は?

このほかに効果があったといえば、プルーンを毎日食べたことです。

しかし、結局は「体が出したいとサインを出したときに、ちゃんとトイレに行く」ということが大事だったため、しばらくすると効果がなくなってしまいました。

試したけれど効果がなかった便秘解消方法

  • お通じによく効くヨーグルト(ダノンとか)を毎日食べる
  • 腹筋を鍛える
  • 「の」の字マッサージ

いろいろ試しましたが、あまり効果はありませんでした。

子供の頃から便秘の方へのアドバイス

女性にはお通じのことで悩んでいる方が多いと思いますし、実際便秘薬の商品やCMも女性に向けたものが多いですよね。

解消法も雑誌やネットなど、さまざまな媒体で紹介されていますが、それで解消できる方はその方法があっていると思います。

しかし、それでもダメなときは、そもそもの生活習慣を見直してみたほうが良いのではないでしょうか。

今は共働きのご家庭が多く、子どもの頃から集団生活になってしまい、自分の体の都合より周りのルールに合わせなければなりません。

私のように、子どもの頃からすでに体のサインに鈍くなっていて、ちゃんと機能していない方も多いと思います。

幼稚園の次は学校、学校の次は職場と、今の女性もなかなか自由に過ごせる時間はないと思います。けれど、学校の授業のように「自由に退出できない、トイレに行けない」という制約がない環境であれば、自然と治る方もいると思います。

一生使う自分の体のことなので、どうしてもなかなか治らない場合は、環境を変えてみる必要があるかもしれません。

ななさん、ありがとうございました!

その他の体験談はこちらでご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

便秘解消法まとめ!実際に効果のあった方法を紹介します!